MCEI大阪支部7月定例会講演録

MCEI大阪支部2018年7月定例会講演録

昨年11月に出版され話題となった「まなざしのデザイン 〈世界の見方〉を変える方法」(NTT出版刊)。7月はその著者であるハナムラチカヒロ氏にご登壇いただきました。
ランドスケープデザインといえば、単純にイメージするのは「場所」をデザインして「風景」に変化を与えようとすることですが、ハナムラ氏は「風景」は単に「場所」だけではなく、そこを眺める「自分」との関係性があってはじめて成立するということに気づきました。
ならば、固定化された「場所」と「自分」の関係性を変えてやること、「異化」させることで見え方を変えてやることができる。つまりは「まなざしをデザイン」して、新しい風景を生み出そうと考えました。
ものの見方を解放し、新しい可能性を探る「まなざしのデザイン」についてのお話です。


テーマ:「まなざしのデザイン:〈世界の見方〉を変える方法 」
講 師:ランドスケープアーティスト/大阪府立大学 戦略的研究部門 准教授
    ハナムラチカヒロ氏

講演録はこちらからダウンロードしてください。(PDF:2.9MB)

MCEI20180702.jpeg

MCEI20180704.jpeg

MCEI20180701.jpeg