定例研究会/野外研修

MCEIは、毎月先進のマーケティング戦略のケース・スタディを続けています。ここにご紹介するのは、定例研究会の2016年度分と2017年度終了分です。まさに戦略の「いま」が討議されていることがおわかりいただけます。

2016年4月14日
テーマ:「コンテンツツーリズムとは何か?」
講 師:コンテンツツーリズム学会会長増淵敏之氏
会 場:OMMビル2F 201会議室

2016年5月12日
テーマ:「サンキュ!が売れる理由
     〜ヒット企画をうむ主婦インサイトのつかみかた〜」
講 師:潟xネッセコーポレーション サンキュ!編集部 山本沙織氏
会 場:大阪府立男女共同参画・青少年センター5F 大会議室2

2016年6月4日
テーマ:「今東京に養われている日本の農村だが、30年後は東京を養っている」
講 師:NPO法人「日本で最も美しい村」連合 松尾雅彦氏
会 場:トッパンフォームズ株式会社 研修室

2016年7月14日
テーマ:「FM802&FMCOCOLOのアートプロジェクト“digmeout”の挑戦
              〜人、企業、そして、アジアとアートをつなぐ取組みとは?〜」
講 師:株式会社802メディアワークス 谷口 純弘氏
会 場:OMMビルB1F ギャラリー

2016年8月4日【野外研修会】
テーマ:「けいはんな学研都市を歩く」
会 場:サントリーワールド リサーチセンター他

2016年9月8日
テーマ:「人の心を掴むバラエティ発想法とは」
講 師:株式会社TBSテレビ 制作局バラエティ制作部 角田陽一郎氏
会 場:内田洋行大阪 ユビキタス協創広場 CANVAS

2016年10月13日
テーマ:「最大限の安全と最小限の環境負荷に拘ったモノづくり」
講 師:IKEUCHI ORGANIC 株式会社 代表 池内 計司氏
会 場:大阪府立男女共同参画・青少年センター4F 大会議室1

2016年11月10日
テーマ:「2016年のヒット商品を振り返り、17年を予測する」
講 師:日経BPヒット総合研究所上席研究員/日経エンタテインメント!編集委員 品田 英雄氏
会 場:株式会社岡村製作所 KiZUKi LABO

2016年12月8日
テーマ:「職場に笑顔と安らぎの場所を!ネスカフェ アンバサダー」
講 師:ネスレ日本株式会社 Eコマース本部 ダイレクト&デジタル推進事業部 山野 和登氏
会 場:トッパンフォームズ株式会社 研修室

2017年1月12日
テーマ:「プロダクトデザイナーの頭の中―発想の源泉」
講 師:プロダクトデザイナー 秋田 道夫氏
会 場:大阪府立男女共同参画・青少年センター5F 大会議室2

2017年2月9日
テーマ:「老舗の栄枯盛衰」
講 師:老舗学研究会 共同代表 松川 洋一郎氏
会 場:大阪府立男女共同参画・青少年センター5F 大会議室2

2017年3月9日
テーマ:「生き残る関西の外食産業とは」
講 師:株式会社ジオード 代表 門上 武司氏
会 場:株式会社岡村製作所 KiZUKi LABO

2017年4月13日
テーマ:「和歌山県有田川町が挑むポートランド流まちづくり」
講 師:株式会社PLUS SOCIAL 取締役 有井安仁氏
会 場:大阪府立男女共同参画・青少年センター4F 大会議室1

2017年5月11日
テーマ:「古市庵V字回復の軌跡と秘訣」
講 師:株式会社古市庵 代表取締役社長 西浜 英彦氏
会 場:大阪府立男女共同参画・青少年センター4F 大会議室1

2017年6月8日
テーマ:「ビール新時代〜クラフトビールの広がり〜」
講 師:キリンビール株式会社 企画部 部長 山田 精二氏
会 場:トッパンフォームズ研修室

2017年7月13日
テーマ:「謎解き”が世界を救う〜クロネコキューブの戦略〜」
講 師:クロネコキューブ株式会社 代表取締役 岡田 充弘氏
会 場:株式会社岡村製作所 K!ZUK! LABO

刊行物

Bulletin(MCEI機関誌)

月刊の機関誌です。bulletin2017.jpg
定例研究会のケース報告の他、マーケティング事例やマーケターの主張がパワフルに記録されています。








百人百語(MCEI提言集)

100-100cover.jpg毎年末に出る「これから」のマーケティング戦略の変化・兆候」を捉え、百人が百通りの視点で主張する提言集です。
会員並びにMCEI活動の良き理解者たちから毎年提言をいただいています。


国際活動

国際大会

 kt02.jpgMCEI では、世界の各支部が担当し、2 年に1度国際大会を開催、各支部の最新マーケティング事例を学び、交流を深めています。






[これまでのテーマ]

2007年 モロッコのダイナミックなビジネス展開(カサブランカ)
2005年 社会の進化と戦略の進化〜企業の新しい可能性を求めて〜(ジュネーブ)
2003年 勝つマーケティング・コミュニケーションの新動向(ローマ)
2001年 21世紀、ビジネスと生活の可能性(メルボルン)
1999年 Global Experience(東京)


アジア・マーケティング会議

 asia02.jpg隔年開催の国際大会の間の年に、東京・台北両支部が中心になって、アジア大会を開催しています。






[これまでのテーマ]

2008年 北海道、日本、アジアの新価値創業企業(札幌)
2006年 ITが切り開く新時代(台北)
2004年 Asian Brands 〜in the world〜(台北)
2002年 GLOCAL‐Global Thinking & Local Action(大阪)
2000年 Interactive Marketing & e Commerce(台北)



表彰

MCEIではマーケティングにかかわる各種の賞を設け、その選定と表彰を行っています。

毎年3月、会員のエントリーで、マーケティング優秀作戦を選出します。
エントリー作戦のプレゼンテーションを受けた後、投票で優秀作戦を決定します。優秀作戦は、国際本部に東京支部代表作戦として推薦されます。
そして世界中の支部から集められた優秀作戦の中から国際賞が選ばれます。

2008年 シスメックス(株) 
テーマ
コンシューマーにたどりつけ!
〜典型的なBtoB企業によるBtoC展開
2007年 大平印刷(株)
テーマ 「人と地球にやさしい印刷」の拡販戦略