MCEI大阪支部創立45周年特別講演会講演録

MCEI大阪支部創立45周年特別講演会講演録

MCEI大阪支部の創立45周年を記念した特別講演会は元株式会社アシックスの植月正章氏をお迎えしました。
戦後間もない1949年鬼塚喜八郎氏が神戸で創業した鬼塚商会は70年の時を経て、海外売上比率が75%という、とてつもない世界的なブランド「アシックス(ASICS)」として成長・拡大しました。
しかし、そこへ到達するまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。
植月氏が、当時不振であったアスレチック事業再構築という社命を受け、事業本部長の任に就かれたのは1990年。反省の上、ようやくたどり着き、掲げた基本方針は「攻めどころは一カ所に絞る。ランニングビジネスへの集中」であったと言います。ここからブランド価値が育ち始めたとのことでした。
植月氏の熱を帯びたお話をぜひお読みください。

テーマ:「アシックスの世界ブランド構築への道のり」
講 師:元株式会社アシックス 専務取締役 植月 正章氏

講演録はこちらからダウンロードしてください。(PDF:6.6MB)

MCEI201806TOKU03.jpeg

MCEI201806TOKU06.jpeg