理事長の澤田です。7月(2014/07/10)の定例会レポートです。

澤田です。

【最近のTwから転載】

 グランカルビー大人気!
 平均4時間待ち!阪急!高級お菓子ブーム!
 午前10時40分に売り切れです。
 関西人にがハマる!
 1箱540円のポテトチップス女性にオススメ!


 グランカルビー、
 未だに朝イチで整理券配布終了のレベルなんか……


 こんな時間から阪急D/Sの前には
 たくさん人が並んでいるけど、
 グランカルビーって“ぽてち”だよね。


 大阪土産に!阪急梅田百貨店のハッピーターンズ
 実は阪急梅田百貨店のグランカルビー買いたかったけど(^_^;)
 朝6時くらいからバイヤーが買いあさって
 5倍の値段2500円でネット転売してるらしい(´・_・`)
 

 昨日の姫がくれたグランカルビーっていう高級ポテチ。
 一袋に4〜5枚しか入ってないのに620円くらいするみたい。。。
 意味わからん。。。

この一週間ほどの「グランカルビー」で検索したTwです。

【転載ここまで】

昨日台風襲来が懸念されたMCEI大阪支部の7月定例会は
コミュニケーションサロンは中止となりましたが
定例会はいつになく女性の参加が多く盛会でした。

お越しいただいたのはカルビー株式会社執行役員
西日本事業本部 本部長 の駒田 勝さん。
昨日は東京から駆けつけていただきました。
201407定例会1.jpg
カルビーはそれまでの非上場創業者オーナー企業から
2009年にペプシコとの戦略的提携をしマネジメントの変革をし
震災の発生した2013年3月11日上場をしています。

講演前にご挨拶をすると大学は同志社大学文学部とか。
京都生まれの京都育ち京都の大学生だったぼくとは
年齢は違いますが一気に親近感が増します。

駒田さんは大学卒業後はカルビー一筋。
現在のご担当は西日本事業本部
広島工場や鹿児島工場もあります。

昨日の講演のテーマは「GRAND Calbee」
今年4月1日阪急うめだ本店地下1階にオープンした
カルビー直営ショップ「GRAND Calbee」で発売している「GRA
ND Calbee」

進出前からメディアに取り上げられ未だに待ち時間3時間以上。
10時の開店前から数時間並ばれる女性客
並ぶのが大嫌いな関西のおばちゃんにどこか受けたのか。

デパートのプレミアムスイーツ戦略です。
グリコのバトンドール (高級ポッキー)
亀田製菓のハッピーターンズ

そのネクストプランとして阪急百貨店からのリクエスト
カルビープラスではなくて百貨店向けプランを希望されます。
おもしろい!と駒田さんは社内で手を挙げます。
201407定例会2.jpg
カルビーの経営の基本方針は
「簡素化」「透明化」「分権化」
地方分権です。権限移譲です。

じつは3年前に赴任した西日本事業本部は
ビジネスの縮小などでラインや人材の
縮小などで苦しんでいました。

この阪急うめだ本店のプロジェクトで活性化が図れないかと
「どうしたらできる?」「できない理由はいらない」という
自らを乱世タイプという持論で立ち向かいました。

そして出来上がったのがマーケティング・ミックスの4Pで整理すると
Product:ポテトクリスプ 厚さ3倍  Price:60g @500(税別)
Place:阪急うめだ本店 Promotion:広報のみ

フレバーは
Plain:しお味  濃厚バター味
Meal:トマト味  チーズ味
Dessert:いちご味  焦がしミルク味

いままでのカルビーポテチは60g @100(税別)
それは「いつでもどこでも Any」です。
それが今までのカルビーポテチです。

しかし今回の企画は
「いましかここしか Only」です。
それが「Grand Calbee」です。

なんとお客様の1回の購入平均客単価は@8000〜9000に達するとか。
もはやお菓子じゃないですよね。
ましてやポテチなんてジャンルではありません。

冒頭のTwの転載はお客さんの3時間、5時間待ちの
行列の間はTwやFbでのS-N-Sで実況中継がアップされます。
中には毎日並んで購入した商品をAmazonに転売@2980する人もいるらしい。
201407定例会3.jpg
最後にこの3ヶ月の展開を受けて今後のあり方をお聞きしました
事業の採算性 オペレーション改善
需給バランス 希少価値

特別にお持ちいただいたGrand Calbeeを
インセンティブに質問コーナーです。
「何故!こんなに売れたのですか?」

残念ながら企業秘密なのか
それとも未分析なのか
明快なお答えはいただけませんでした。

「まだ3ヶ月ですからおばちゃんには飽きられていませんよね
 でもいつかは飽きられますよね
 あきられたらどうしますか?」

「飽きられないおいしさをイノベートしていきます」

いやあぁぁっ!おもしろいお話でした
まさに今を時めく旬なお話でした。
熱き思いを聞かせていただきました。
201407定例会4.jpg
MCEI大阪支部41年目の2014年度の年間テーマは
「生活者とともに進む-マーケティングの可能性-」です。
まさに生活者とともにを再認識した昨日の定例会でした。

MCEIは多様なマーケティングの現場で
困難な課題に挑戦し続けている
実務家の組織です。

希望はここから、
勝負はこれから。
これから面白くなる

今日、ここからまた新しい出発
元気出していこう。
(水口語録より)