2019年3月度定例会のご案内「松坂 健氏講演」

【2019年3月度定例会のご案内】

 今回は「ホスピタリティ論」で有名な松坂 健氏にご登壇頂きます。
以下は松坂氏からのメッセージです。

『村上春樹の小説をお読みですか?
彼の文学はみんな「記憶」がキーワードになって成立しています。彼によると、記憶とは燃料。燃やせば、そこから大量の熱が放射され、冷え切った心だって温められる燃料なのです。
今、どん底にあっても、過去の楽しかった記憶を呼び起こして、それを燃やせば、どんなことだって耐えられることでしょう。
人と人が触れ合うビジネスには「財」と「貨幣」のやりとりだけではない、「記憶」の交換があると思います。そして、そんな交換が最も重要な役目を果たすのが観光という仕事でないでしょうか? 
観光とは「記憶製造業」。その概念をもとに、宿泊業だけではなく、どんな世界にも通じる「おもてなしの記憶づくり」について語りあかしたいと思います。』


日 時

2019年3月14日(木)18:00〜20:30

第2部(懇親会):19:50ー20:30 同会場

テーマ

 「ホスピタリティ千夜一夜
  ・・・・これからのサービス産業界を考える」

 講 師
 跡見学園女子大学
観光コミュニティ学部 教授  松坂 健氏
プロフィール  

跡見学園女子大学
観光コミュニティ学部 教授matuzaka.png

1971年慶応義塾大学法学部政治学科卒業、74年同大学文学部英文科卒業。1974年 柴田書店入社、月刊食堂編集部配属、78年から同誌副編集長、84年月刊ホテル旅館編集長、以後92年までつとめる。
その後、1年半、丸谷才一先生の雑誌に副編集長として勤務。そしてフリージャーナリストを経て2001年、佐世保の長崎国際大学人間社会学部で国際観光学科教授に就任。

2004年、東京の西武文理大学に転籍、2014年同大65歳定年退職。2015年、新設学部の観光コミュニティ学部に教授として招かれる。この3月末で、同大70歳で再度の定年を迎える。

2008年〜2010年文科省のサービスイノベーションプログラム開発で欧州、ニューヨーク視察研究、2011年〜2015年、文科省サービス産業中堅人材育成コンソーシアム委員としてコンシェルジュ職研究に勤しむ。現在は、国家試験になったホテルマネジメント検定の試験作成委員、また外国人人材に滞在資格を与えるホテル技能検定の評価委員などをつとめている。

著書に『ホスピタリティ進化論』(柴田書店)『食ベンチャーのキーワード』(インターメディア出版)『司馬遼太郎全小説徹底ガイド』(メディアックス)など。ミステリ文学研究家としての活動も継続中。

会 場

内田洋行株式会社 大阪ユビキタス協創広場CANVAS
〒540-8520 大阪市中央区和泉町2-2-2
TEL:06-6920-2401

・地下鉄谷町線・中央線「谷町4丁目駅」8番出口より徒歩8分

会場の地図はこちら(Google Mapにリンクします)
参加費 ・会員無料(人数制限あり 以下参照)
・ゲスト参加 1名5,000円(学生1,000円)


申し込み受付はこちらからお願いいたします。

お申込み締め切り: 2019年3月11日(月)18:00まで【厳守】


※当日、会場内で第2部として講師を交えた懇親会を開催します。
会員非会員問わず、会費は一律500円です(19:50〜20:30)。
みなさんのご参加をお待ちしています。(必ず、事前にお申し込みください)


・会員外のゲスト参加は、会費として、お一人5,000円承ります。

 ・法人会員6名以上のご参加は追加参加費用としてお一人3,000円承ります。
・個人会員2名以上のご参加はゲスト参加扱いとなり、会費としてお一人5,000円承ります。
・学生(18歳以上)の体験参加は特別会費としてお一人1,000円承ります。
 (全て当日会場にて徴収、領収書発行)

…………………………………………………………………………………………

2019年度からの新規会員募集中!
法人会員、個人会員を募集しています。
詳しくは事務局までお問い合せください。

NPO法人 MCEI大阪支部事務局
〒600-8108 京都市下京区五条通新町西入西錺屋町25番地 つくるビル402(株式会社ISSO内)
 連絡先:(ISSO:齋藤)TEL:075-352-1661 E-mail  jimukyoku@mcei-osk.gr.jp